川根町青年主催の野外音楽フェス「BIG NATURE」20年の歴史振り返る冊子と動画を制作

川根のイベント

コロナ活動自粛期間も歩み止めず方向転換へ

島田市川根地域の青年団が中心となって毎年夏に開催している野外音楽イベント「KAWANE夏祭り@BIG NATURE」。
2020年に第20回記念イベント開催されるはずでしたがコロナ禍で延期になりました。

イベント実行委員ではこの活動自粛期間を20年間の歴史を振り返る活動に切り替え、冊子と動画を制作。
「静岡県文化プログラム2020」の補助を受け、このたびBIG NATUREの20年をまとめた冊子と動画が完成しました。

完成した冊子・動画はスタッフや出演アーティストなどへのインタビューと過去の写真素材を中心とした内容です。
イベント初期の苦労や世代交代への課題などがスタッフから語られ、東京のライターや映像ディレクターがそれを編集しました。
いままで自身の思いを言葉で表現する機会がなかった地元スタッフにとって、BIGNATUREや地元川根に対する思いや考えを整理する機会となりました。

スタッフ自身の振り返りだけでなく、この動画と冊子の制作では過疎地域に暮らす若者の実態や課題を見つけることも目的の一つとしています。
全国で同じような課題を抱える地域に対しての地域活性化やまちづくりの事例として完成した冊子と動画を紹介していくことを計画しています。

ニューノーマル対応。完全リモートでの撮影で制作。

インタビュー撮影は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ビデオ会議システムZOOMを使って完全リモート環境で行いました。
東京のアーティストと川根のスタッフとの対談の場面では、東京の映像ディレクターと川根町青年団のカメラ担当がそれぞれ東京と川根でリモート対談中の両者の表情を撮影するという、新しい撮影方法についても試みられました。

完成した動画は動画配信サイトYou Tubeで一般向けに無料公開。冊子はイベント関係者向けに配布されるほか、他地域との情報交換に活用される予定です。

「KAWANE夏祭り@BIG NATURE」20年を振り返るドキュメンタリー映像
タイトルとURLをコピーしました